特殊工事の必要性|土壌汚染調査で命を守る

適切な地盤にする

メンズ

最適な地盤改良

住宅を建てたい場所が軟弱な地盤の場合、必ず地盤改良などによって地盤を補強しなければいけません。しかし欠陥住宅の主な理由は安易な地盤改良、補強工事によります。地盤は家の土台になるものなので、中の内装品ばかりに拘らずしっかりと内容を確認しなくてはいけません。素人では地盤調査の結果を見ても専門的な知識がないため内容まで理解することができません。そのため最近ではセカンドオピニオンを求める企業が増えています。公平な第三者の立場で解析結果から分析し適正な地盤改良案が出されているのかを見てくれる会社があります。地盤改良にかかる金額は大きいですし、何より土台になる部分なので慎重に決めたい項目なので、セカンドオピニオンを求める人はますます増えると思います。

しっかり調べる

日本は地震が多い国です。地震により家が傾いたり、崩壊することがあります。東日本大震災でも震源地から離れた土地でも液状化現象が見られたりしました。家を建てるときは立地条件だけでなくその土地について詳しく知る必要があります。近くに河川がある場合などは注意したほうがいいです。また必ず地盤調査はしなくてはいけないのですが、調査方法もさまざまでかかる費用も変わってきます。それによって100万以上の改良費がかかってくる場合があり判断に迷うと思いますが、家の耐震性能を考えてしっかり検討してみることを勧めます。セカンドオピニオンも含めて信頼できる業者にお願いし、納得のいく方法で地盤改良をして、しっかりした家を建てましょう。