特殊工事の必要性|土壌汚染調査で命を守る

工事をしよう

作業員

地質調査の必要性を知っておこう

大きな地震が来た時に被害に遭いやすいのは地盤がしっかりとしていなかった住宅です。実際に長い歴史の中で地盤が軟弱なところに家を建てて大地震のたびに壊れる住宅もあります。そうであるならば、住宅の耐震性を気にする前にまずは自宅の資質を調べておく必要があります。自宅の地質調査をする場合、地質調査の資格を持った専門家に来てもらいます。そこで地質を調査してもらい必要があれば地盤改良を行うべきでしょう。地盤改良には大きく分けて3種類あると言われています。一つが表層改良です。表面を改良することで地盤をしっかりとしたものにします。また、柱状改良や鋼管杭などの方法もあります。それぞれ目的に応じて使いわけるのが普通です。

本当に地盤改良は必要なのか

地質調査をして地盤改良をする場合、必ず地盤改良が必要かどうかは議論があるところです。地盤改良するのは地質が軟弱の時ですが、実際に地質調査から地盤改良までの流れはほぼ特定の一社が通しで行います。この場合、第三者の介入がないことから本当に地盤改良が必要かどうかはわからないと言われています。ある調査によれば地質調査の結果地盤改良を必要としなくてもいい例は7割にも上ると言われています。地盤改良と言っても決して安いわけではありません。住宅の購入価格の5%が地盤改良にかかるお金だと言われています。3000万円の住宅であれば600万円が地盤改良に必要なお金です。そこで地質調査の段階で第三者機関を間に入れるようにすれば、本当に地盤改良が必要かどうかがわかるはずです。