特殊工事の必要性|土壌汚染調査で命を守る

内容が異なる

工事現場

はじめてのさく井工事

さく井工事とは、建設業許可が必要な工事の一種です。さく井工事とは、さく井機械を使ってさく孔やさく井を行うという工事の中でも、特に専門性あるいは特殊性が強い工事で、建設関係の企業ならどこでもできるというものではありません。さく井工事を行うには、井戸掘りや温泉堀りなどを行っている会社や、ボーリングをできる大型機器を保有し、住宅の基礎工事や地質調査を専門に請け負っている企業へ、さく井工事の依頼をする必要があります。工務店やリフォーム会社に、さく井工事について問い合わせて、懇意なボーリング会社を紹介してもらうという方法もあります。建設関係の企業は、お互いに仕事をまわしあっているので、さく井工事と直接関係がない会社でも、問い合わせてみるのがよいでしょう。

さく井工事の需要について

さく井工事とは、地中を筒状のドリルで掘削して、奥深くの土を採取したり、井戸水の水質分析、温泉の開発などを行うための工事です。専用のボーリングマシンという機材を用いることで、地中の100メートル以上の深さまで掘削できるため、様々な用途や目的でさく井工事を実施しています。最近は、国の政策の後押しもあり、省エネルギーに関する技術が向上しており、地中熱を利用した空調設備や給湯設備の設置工事でさく井工事を依頼するケースが増加しています。地中20メートル以下の土中温度は一年を通して安定しており、その温度を利用して冬場の暖房や夏場の冷房に活かせる技術が確立してきていますので、地中熱を利用するためのさく井工事は今後もますます需要が増えることが予想されています。